四十肩の改善方法は?ホルモンバランスや活性酸素除去は必要?

四十肩だか五十肩だか酷くて肩が過ぎて上がらない日によっては夜中痛すぎて眠れないカッチカチの肩こりがつらい腰や肘などの関節が痛くて曲げられない歳を重ねてくるとどうしてもあちこち体が痛んできて悩んでいる方はたくさんいますしかし歳だから仕方ない諦める必要もないのですちゃんとケアしてあげると柔らいでくるものなのです今回は加齢と共に体の節々がどうして痛んでくるのかというメカニズムとその対処法をまとめてみました1.「血行不良痛みやコリの主な原因肩など関節の痛みは痛みを感じる部分の血行不良や炎症によっておきます肩こりの場合には僧帽筋呼ばれる肩や背中にかけて広がる大きな筋肉の血行不良によるものと言われています特に女性は男性に比べると筋肉の量が少なく肩や首を支える筋肉にはより大きな負担がかかり血行が滞りやすくなっていますこれが全身の血行不良を招き冷えや他の部位のコリに繋がることも少なくありませんまた四十肩や五十肩の原因はハッキリとはわかっていませんが肩の関節付近の筋肉や腱などの炎症によって痛みが起こることが分かっています肩の関節は比較的自由に動かせるように出来ていますがそれだけ周囲の構造は複雑でデリケートに出来ていますよって血行不良などによるダメージを受けると痛みがやすいと言えますデータによっては肉体労働をしていて肩をたくさん動かしている方よりもデスクワークの仕事をしている方の方が炎症がひどくなりやすい傾向も見られるようです2.加齢によるホルモン分泌低下が血行不良に繋がる血行不良は運動不足によっても起こりますしかし20代の頃は少々運動をしていなくても肩こりなどに悩まされることはなかったはず40代50代になって大きく違ってくるのはホルモンの分泌量です女性ホルモンのひとつで美人ホルモンとも呼ばれるエストロゲンの重要なはたらきの1つに自律神経の働きのバランスを整えるというものがありますこのはたらきは幸せホルモンと呼ばれるセロトニン代謝をよくしてくれてストレスを感じにくい体にしますしかしエストロゲンは40代から50代にかけて分泌量が急激に低下することが知られていますエストロゲン減少がもたらすイライラといった精神的な不快感がストレスとなり結果的に血行不良を招くのです3.「体を温めることホルモンバランス整えることで改善血行を良くする方法としてまず物理的に体を温めることが挙げられます例えば日ごろの運動量を増やすことで改善されるでしょうそれは無理をして毎朝長距離のジョギングをするべきというわけではありません近所のスーパーに買い物にいくときに車や自転車を使わず歩くようにするいうだけでも十分効果的ですしかし痛む体をさらに動かすのは実際苦痛だと思いますなかなか運動できなくても寝る前にストレッチやマッサージを行ったり痛みのある部分にカイロを貼ったりいったことでも十分血行がよくなりますまた40代50代の方にとってはしっかり栄養をとってホルモンバランスを整えるという内側からのケアが特に効果的です化学構造が似ていて体にエストロゲン同様の作用を示すイソフラボンという大豆製品に含まれる成分を積極的に十分な量を摂ることでエストロゲンの効果を高めることができますしかし大豆製品ばかり食べるとなると他の栄養が疎かになるそれもあるためサプリで効率よく摂ることをおすすめします

肩のアンチエイジング

四十代以上で関節の痛み肩こり肩が上がらないなどの症状がある方は少なくないかと思います四十肩五十肩という言葉はよく耳にするけどどんなものでなぜ発症するのかということまで理解している人はそれほど多くないのではないでしょうか四十肩は横から腕を上げようとしても痛くて上がらないというのが特徴です腕の上げ下げは日常生活でもよく行う動作であるため非常に不自由です実はこの四十肩はホルモンと大きく関係しているのです四十代五十代になると更年期を迎えますがこの更年期で人間のホルモンバランスは大きく崩れますするとこのことが体に様々な影響を及ぼすのですその中の一つに四十肩があります更年期になると女性はエストロゲン男性はテストステロンという性ホルモンが減少していきます上述のホルモンは血管筋肉粘膜腱鞘などのハリを保持し骨の密度も保つ機能がありますしかしながら更年期によって女性ホルモンは減少していきます肩関節には非常にたくさんの筋肉を使って関節運動をしています筋肉は毛細血管の塊ですが性ホルモンの減少によって筋肉が硬化して縮み関節の動きが悪くなり血の巡りの悪化を招くため炎症が起きやすくなるのですそして引き起こされてしまうのが四十肩ですホルモンの減りが急激であればあるほど強い症状が出ます四十肩の症状を少しでも楽にできるかどうかはこの女性ホルモンの減りをいかにゆるやかにしていくかにかかっているといえます女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をする成分としてイソフラボンなどが有名ですがサプリなどで摂取する方法ももちろんありますがもっと有効な方法がありますそれはなんとドキドキすることときめくことですこれらのことが性ホルモンの分泌に絶大な効果を示します恋をしている女性はきれいになるといわれていますがこれは恋愛のときめきによって大量の女性ホルモンが分泌されるためです冗談のような話ではありますがときめきがサプリや薬以上の効果をもたらしてくれるでしょう好きな人やものを見ているとときめきますよねご結婚されている方は奥さまや旦那様にもう一度恋をするような気持ちでときめいてみましょう日常生活でそんなことは無理だという方は芸能人などにときめくのもいいと思いますまた異性の目線を意識し髪型や服装など身だしなみを気にすることで自身の性意識を忘れないことも重要です日々の生活の中でときめくということはなかなか難しいかもしれませんが年齢を重ねてもぜひときめくような生活を送れるようにぜひ意識して日々を送っていただければと思います

視力とホルモンバランス

視力の低下には様々な原因が考えられております主な原因としては遺伝や生活習慣あるいは病気の影響等となります女性などの場合には更年期に入りホルモンバランスの乱れを起こす更年期障害によって視力低下を招く事はほとんどありませんしかしホルモンバランスを改善するために使用するホルモン剤の投与等により視力低下や視界が狭くなると言った副作用を起こす場合がありますこれらは一般的にホルモン治療と呼ばれている物で具体的には女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)補う治療ですこの治療によって改善される効果は月経量異常や月経周期異常の改善や無月経月経困難症卵巣機能不全などの不妊治療を行う物になります一方ではこのホルモン治療に伴う様々な副作用が取りざたされており発疹や黄疸不正出血や悪心吐き気や眠気等があり視力障害もこのホルモン治療の副作用として報告されております特に急に物が見えにくくなった等の視界に変化がある場合には薬物治療をすぐに中断し医師に相談する事が必要です更年期を迎えられた方の視力低下には一般的には老眼と言われる症状が多く薬剤投与等の影響ではないケースがそのほとんどを占めております老眼が起こる原因は加齢によって目の水晶体の弾力性が失われたり水晶体の厚みを調節する毛様体筋と言われる筋肉の衰えにより水晶体の厚みの調節がうまく出来なくなってしまい近くの物が見えにくくなりますこの様に視力の低下にはホルモン剤の投与の様な薬剤使用による影響と加齢に伴う物とに分ける事が出来ますそこでこの様な視力の低下に効果が得られそうなサプリメントを利用して見るのも手軽で良いと考えますサプリメントとして大切な事はとにかく視力の回復効果のある成分が含まれている事が大切です視力の改善に効果のある成分としては次の様な物が挙げられますルテインアイブライトアントシアニンアスタキサンチンクロセチン等ですルテインは目の網膜と水晶体の一部にあり紫外線等から目を守る働きがありますアイブライトは昔から目の健康の為に使われてきたハーブの一種で目の炎症予防や結膜炎等の目の疾患を予防してくれる働きがありますアントシアニンは紫イモ等に含まれる天然色素成分で目の働きを高めることは勿論ですが目にある毛細血管の強化や血流改善の効果が期待できますこれらの成分が配合されているサプリメントを利用する事で低下してしまった視力の回復効果が得られると考えられます

視力低下にはホルモンの影響があるの?

多種多様なホルモンが体の様々な働きを調節してくれることで私たちは調和のとれた健康体を維持することができていますホルモンバランスの乱れは体の不調となって現れますがホルモンバランスの乱れが原因であることに気付かずに現れた症状への対処療法のみで根本原因を見過ごしている場合も少なくないようです目の不調の原因となりうるホルモンバランスの乱れの核となる事は女性ホルモンのエストロゲンが減少することです視界がぼやける目がショボショボするドライアイ等の軽い症状のものから白内障緑内障のような病気の原因になりあるいは前述のような症状や病気による視力低下も老化現象による視力低下に含めるのであれば老眼の原因もエストロゲンの減少が一因ということになりますエストロゲンは卵巣と副腎から分泌されますが男性の場合は男性ホルモンのテストステロンからも生成されます女性は閉経までは男性の10倍以上のエストロゲンが分泌されますが閉経後の50歳以降は男性よりもエストロゲンの分泌量は減ってしまいますエストロゲンは潤いを保つホルモンですから肌の潤い目の潤い水晶体の潤い柔軟性維持には不可欠ですエストロゲンの減少は目の潤いの不足によるドライアイ水晶体の柔軟性の低下によるピント調節機能の低下などの目の不調につながりますエストロゲンは美容や健康に影響が大きいことが知られていますがエストロゲン減少の予防と改善は目の不調視力低下の予防と改善につながるのですエストロゲン減少の予防と改善に効果的な方法を以下にご紹介しますエストロゲン減少の予防と改善に効果のある方法 食べ物でエストロゲンを増やす   体内でエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む大豆製品納豆豆腐みそ   エストロゲンを活性化させるボロンを含むリンゴプルーンキャベツを食べる エストロゲンを減らす食べ物を避ける   緑茶カテキンがエストロゲンの減少させる   柑橘類エストロゲンを解毒する作用がある   キノコ類抗エストロゲン活性を有する   アブラナ科の野菜亜鉛がエストロゲン生成を阻害 過剰なダイエットは控える   エストロゲンの一部は脂肪細胞で生産されるため痩せすぎていると脂肪細胞が少ないため体が必要とするエストロゲンを充分に生産出来なくなってしまうのです サプリメントを摂取する   エストロゲンと似た性質のある大豆イソフラボンはサプリの中でも高い人気がありアンチエイジング効果も期待できますまたエクオールは大豆イソフラボンよりも更に効果が高い成分だと言われ注目を集めているいるようです