視力低下にはホルモンの影響があるの?

多種多様なホルモンが体の様々な働きを調節してくれることで私たちは調和のとれた健康体を維持することができていますホルモンバランスの乱れは体の不調となって現れますがホルモンバランスの乱れが原因であることに気付かずに現れた症状への対処療法のみで根本原因を見過ごしている場合も少なくないようです目の不調の原因となりうるホルモンバランスの乱れの核となる事は女性ホルモンのエストロゲンが減少することです視界がぼやける目がショボショボするドライアイ等の軽い症状のものから白内障緑内障のような病気の原因になりあるいは前述のような症状や病気による視力低下も老化現象による視力低下に含めるのであれば老眼の原因もエストロゲンの減少が一因ということになりますエストロゲンは卵巣と副腎から分泌されますが男性の場合は男性ホルモンのテストステロンからも生成されます女性は閉経までは男性の10倍以上のエストロゲンが分泌されますが閉経後の50歳以降は男性よりもエストロゲンの分泌量は減ってしまいますエストロゲンは潤いを保つホルモンですから肌の潤い目の潤い水晶体の潤い柔軟性維持には不可欠ですエストロゲンの減少は目の潤いの不足によるドライアイ水晶体の柔軟性の低下によるピント調節機能の低下などの目の不調につながりますエストロゲンは美容や健康に影響が大きいことが知られていますがエストロゲン減少の予防と改善は目の不調視力低下の予防と改善につながるのですエストロゲン減少の予防と改善に効果的な方法を以下にご紹介しますエストロゲン減少の予防と改善に効果のある方法 食べ物でエストロゲンを増やす   体内でエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む大豆製品納豆豆腐みそ   エストロゲンを活性化させるボロンを含むリンゴプルーンキャベツを食べる エストロゲンを減らす食べ物を避ける   緑茶カテキンがエストロゲンの減少させる   柑橘類エストロゲンを解毒する作用がある   キノコ類抗エストロゲン活性を有する   アブラナ科の野菜亜鉛がエストロゲン生成を阻害 過剰なダイエットは控える   エストロゲンの一部は脂肪細胞で生産されるため痩せすぎていると脂肪細胞が少ないため体が必要とするエストロゲンを充分に生産出来なくなってしまうのです サプリメントを摂取する   エストロゲンと似た性質のある大豆イソフラボンはサプリの中でも高い人気がありアンチエイジング効果も期待できますまたエクオールは大豆イソフラボンよりも更に効果が高い成分だと言われ注目を集めているいるようです

“視力低下にはホルモンの影響があるの?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です