視力とホルモンバランス

視力の低下には様々な原因が考えられております主な原因としては遺伝や生活習慣あるいは病気の影響等となります女性などの場合には更年期に入りホルモンバランスの乱れを起こす更年期障害によって視力低下を招く事はほとんどありませんしかしホルモンバランスを改善するために使用するホルモン剤の投与等により視力低下や視界が狭くなると言った副作用を起こす場合がありますこれらは一般的にホルモン治療と呼ばれている物で具体的には女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)補う治療ですこの治療によって改善される効果は月経量異常や月経周期異常の改善や無月経月経困難症卵巣機能不全などの不妊治療を行う物になります一方ではこのホルモン治療に伴う様々な副作用が取りざたされており発疹や黄疸不正出血や悪心吐き気や眠気等があり視力障害もこのホルモン治療の副作用として報告されております特に急に物が見えにくくなった等の視界に変化がある場合には薬物治療をすぐに中断し医師に相談する事が必要です更年期を迎えられた方の視力低下には一般的には老眼と言われる症状が多く薬剤投与等の影響ではないケースがそのほとんどを占めております老眼が起こる原因は加齢によって目の水晶体の弾力性が失われたり水晶体の厚みを調節する毛様体筋と言われる筋肉の衰えにより水晶体の厚みの調節がうまく出来なくなってしまい近くの物が見えにくくなりますこの様に視力の低下にはホルモン剤の投与の様な薬剤使用による影響と加齢に伴う物とに分ける事が出来ますそこでこの様な視力の低下に効果が得られそうなサプリメントを利用して見るのも手軽で良いと考えますサプリメントとして大切な事はとにかく視力の回復効果のある成分が含まれている事が大切です視力の改善に効果のある成分としては次の様な物が挙げられますルテインアイブライトアントシアニンアスタキサンチンクロセチン等ですルテインは目の網膜と水晶体の一部にあり紫外線等から目を守る働きがありますアイブライトは昔から目の健康の為に使われてきたハーブの一種で目の炎症予防や結膜炎等の目の疾患を予防してくれる働きがありますアントシアニンは紫イモ等に含まれる天然色素成分で目の働きを高めることは勿論ですが目にある毛細血管の強化や血流改善の効果が期待できますこれらの成分が配合されているサプリメントを利用する事で低下してしまった視力の回復効果が得られると考えられます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です