四十肩の改善方法は?ホルモンバランスや活性酸素除去は必要?

四十肩だか五十肩だか酷くて肩が過ぎて上がらない日によっては夜中痛すぎて眠れないカッチカチの肩こりがつらい腰や肘などの関節が痛くて曲げられない歳を重ねてくるとどうしてもあちこち体が痛んできて悩んでいる方はたくさんいますしかし歳だから仕方ない諦める必要もないのですちゃんとケアしてあげると柔らいでくるものなのです今回は加齢と共に体の節々がどうして痛んでくるのかというメカニズムとその対処法をまとめてみました1.「血行不良痛みやコリの主な原因肩など関節の痛みは痛みを感じる部分の血行不良や炎症によっておきます肩こりの場合には僧帽筋呼ばれる肩や背中にかけて広がる大きな筋肉の血行不良によるものと言われています特に女性は男性に比べると筋肉の量が少なく肩や首を支える筋肉にはより大きな負担がかかり血行が滞りやすくなっていますこれが全身の血行不良を招き冷えや他の部位のコリに繋がることも少なくありませんまた四十肩や五十肩の原因はハッキリとはわかっていませんが肩の関節付近の筋肉や腱などの炎症によって痛みが起こることが分かっています肩の関節は比較的自由に動かせるように出来ていますがそれだけ周囲の構造は複雑でデリケートに出来ていますよって血行不良などによるダメージを受けると痛みがやすいと言えますデータによっては肉体労働をしていて肩をたくさん動かしている方よりもデスクワークの仕事をしている方の方が炎症がひどくなりやすい傾向も見られるようです2.加齢によるホルモン分泌低下が血行不良に繋がる血行不良は運動不足によっても起こりますしかし20代の頃は少々運動をしていなくても肩こりなどに悩まされることはなかったはず40代50代になって大きく違ってくるのはホルモンの分泌量です女性ホルモンのひとつで美人ホルモンとも呼ばれるエストロゲンの重要なはたらきの1つに自律神経の働きのバランスを整えるというものがありますこのはたらきは幸せホルモンと呼ばれるセロトニン代謝をよくしてくれてストレスを感じにくい体にしますしかしエストロゲンは40代から50代にかけて分泌量が急激に低下することが知られていますエストロゲン減少がもたらすイライラといった精神的な不快感がストレスとなり結果的に血行不良を招くのです3.「体を温めることホルモンバランス整えることで改善血行を良くする方法としてまず物理的に体を温めることが挙げられます例えば日ごろの運動量を増やすことで改善されるでしょうそれは無理をして毎朝長距離のジョギングをするべきというわけではありません近所のスーパーに買い物にいくときに車や自転車を使わず歩くようにするいうだけでも十分効果的ですしかし痛む体をさらに動かすのは実際苦痛だと思いますなかなか運動できなくても寝る前にストレッチやマッサージを行ったり痛みのある部分にカイロを貼ったりいったことでも十分血行がよくなりますまた40代50代の方にとってはしっかり栄養をとってホルモンバランスを整えるという内側からのケアが特に効果的です化学構造が似ていて体にエストロゲン同様の作用を示すイソフラボンという大豆製品に含まれる成分を積極的に十分な量を摂ることでエストロゲンの効果を高めることができますしかし大豆製品ばかり食べるとなると他の栄養が疎かになるそれもあるためサプリで効率よく摂ることをおすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です